なんとか一日に1記事はやろうと思い立ったものの、ネタがない。
今日は、仕事に従事して映画を見た1日だった。

とくに仕事の方では、初のプレイレポを公開してもらいました。

スコア方式のレビューに慣れていた自分としては、いささかひっかかるものもあったんですが、書いてみると意外とすんなりといけましたね。

やったタイトルは『Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失-』。
疲れた時にやるような癒しタイトルだが、実に奥が深かった。

発売前にやらせてもらったけれども、1回やっただけではすこしわかりづらいこともあった(プレイした場所はまったくもって落ち着かないところだったというのもある)ので、繰り返しプレイしたいと思う。

そのプレイレポはこちら→『Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失-』プレイレポ―消失した人々の想いを聴く終末ADV 

とはいえ、スコア方式のレビューもやはり白黒ついてて好きなので、こちらでやりたいと思う。もちろん時間が余ればですが。


それと、今日見た映画はエドガー・ライト監督のアメコミ原作映画「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」。
こないだTwitterで連想ゲーム的に思い出したので見返したくなりレンタルしてきた。

ゲーマーならニヤリとする演出多数で非常におすすめしやすい。
間違いなく頭カラッポ映画(頭をカラッポにしてなにも考えずに見る映画)なんだが、頭が空でもカメラワークや演出は面白いなと思える作品なので、時間があるならみて欲しい。

意外とティーン映画としても出来がいいし。

あと、ヒロインのラモーナがかわいい。髪色は似合ってればなんでもいい派なので、気にならなかった。キャプテン・アメリカことクリス・エヴァンスもでてる。
あと一番面白いのが、双子の斉藤兄弟が出てくること。セリフは一切なかったけど。