以前触れた『ライフ イズ ストレンジ』関連の仕事が1つ終わりました。

はい。公開されました。

日本語版『ライフ イズ ストレンジ』をどっぷりプレイ―EP1インプレッション

先月の始めくらいかな?スクウェア・エニックスさんにプレイさせてもらったのは。

詳しい話は上記記事を参考にしてもらうとして、このゲーム。
冗談抜きで勧めたい。


仕事させてもらったからではなく、ただただ1人の純粋なゲーマーとして。

言いたいことはあらかた記事で言ってしまった感はあるんだけれど、まあなにより思っていた100倍面白いんだよ。
正直最初は買おうと思ってなかったよ自分でも。 でもあまりに面白くてね、日本版が待ち遠しいのよ今では。

ガルパンにハマった蝶野さんみたいなもんだよ…たぶん違うけど。


まあ、とは言っても、もちろん全員にオススメできるわけではないです。 
国内版はPS4/PS3/PCで出るんだけども(海外では箱でも出てます)、グラフィックはまったくもって前世代的ですし、アクションなんてのもありません。だからドンパチだったり、神室町で暴れたり、ウェイストランドで息子探したりしてるような作品が好きって人には向いてないです。あとは、女子高生とかね、いじめとかね、暴力とかね、ティーンっぽい世界観が苦手なら無理にとは…という感じです。メインが女性ですから、合わない人がいるのはしょうがないでしょう。

ただ!ただですよ、アドベンチャー作品が好きな人には是非とも勧めたい。
とりわけ、Telltaleのゲームが好きな人にはズバリ!ドンピシャリ!って感じですね。これだ!これしかない!って感じですね。あ~すっごいフィット感…って感じですね。


それにTelltale作品と決定的に違う点としては「ゲームオーバーがないこと」が挙げられるので、ゾンビに食われたり、惑星パンドラで殺されることもないでしょう。 

 こればっかりはね、トラストミーなんですよね。
つまんなかったら私が全額返金します!くらいの気持ちでいるほどには面白いので。あくまで気持ちですけど

EP1のエンディングで超鳥肌立ってたんだよこっちは。面白いって言うしかないだろ!

 あー絶対買う。3月はこれとディビジョンとスターオーシャンでなんとかなるわ。